環境資材・工法

工法一覧

補強土工法

補強土工法前田工繊では、盛土・地盤補強用ジオグリッド「アデム」を主軸に、ジオテキスタイルの資材をバリエーション豊かに取り揃えています。そしてそれらの性能を最大限に引き出すための工法として、4タイプの工法を独自に開発しています。アデムを主要資材とするユニットキャップ工法(緑化壁面タイプ)、アデムウォール工法(コンクリート壁面タイプ)、補強盛土工法の3つが基本的な工法、そのほかに鉄道盛土補強に特化したRRR工法をご用意しています。ジオテキスタイルを主要資材にした前田工繊の補強土工法は、耐震性に優れているのが特長です。

取り扱い工法: ユニットキャップ工法 アデムウォール工法 補強盛土工法 RRR工法

> 補強土工法の一覧と概要

軟弱地盤対策工法

軟弱地盤対策工法我が国の経済は都市集中型ですが、近年はその傾向がさらに高まり、都市機構はすでに飽和状態になっています。よって、都市機能をさらに向上させるには、都市施設や都市間のアクセス道路を新規に構築する必要があります。しかしながら、道路の整備や商業・工業施設および宅地造成などの用地には限りがあるため、軟弱地盤対策工法の重要性が高まってきました。
前田工繊のジオテキスタイルは、昭和47年設立以来、軟弱地盤対策工に携わってきており、ジオテキスタイルを使用した多数の軟弱地盤現場で採用されました。

取り扱い工法: 敷設材工法 軟弱地盤盛土補強工法 マットレス工法 バーチカルドレーン工法 深層混合処理工法との併用工法

> 軟弱地盤対策工法の一覧と概要

地下排水工

地下排水工地球温暖化の影響で、集中豪雨による記録的な大雨の発生が頻繁に生じており、自然地山や土構造物などに多大な危害をもたらしています。土構造物は水の浸入により著しい強度低下が生じるため、早期に排水をしなければなりません。前田工繊の排水材シリーズはその用途目的にあったジオコンポジットを多数ご用意。盛土内の浸透水を早期に排水する「盛土内排水工」、コンクリート構造物などへの水圧を低減する「裏面排水工」、降雨後に早期に競技ができる「グラウンド排水工」、斜面内に浸透した雨水を速やかに排水する「のり面排水工」などに適用します。

取り扱い工法: 盛土内排水工 トンネル裏面排水工 構造物裏面排水工 グラウンド排水工 のり面排水工

> 地下排水工の一覧と概要

河川・海岸

河川・海岸ここ最近、日本の河川では「多自然川づくり」が求められています。「多自然川づくり」とは、必要とされる治水上の安全性を確保しつつ、生物の良好な生息・生育環境をできるだけ改変しない、あるいは改変せざるを得ない場合においても最低限の改変にとどめるとともに、良好な河川環境の保全あるいは復元を目指した川づくりのことです。
前田工繊は「多自然川づくり」をひとつのキーワードとし、繊維メーカーのノウハウを生かしながら、袋詰め玉石工「ボトルユニット」や自然石張ネット工「がんぐりまっと」、ブロックマット工「シビックマット」など、自然豊かな河川を復元するための工法や資材の開発・販売を行っています。河道条件や周辺環境にあった製品を、豊富なラインナップからお選びいただけます。

取り扱い工法: 根固工 のり覆工・植生系 のり覆工・シート系 のり覆工・自然石系 のり覆工・かご系 のり覆工・補強土系 護床工 仮設工 突堤工/水制工 既存コンクリート護岸緑化工法

> 河川・海岸の一覧と概要

防災・復旧工

防災・復旧工前田工繊は全国でも有数なジオテキスタイルメーカーとして、自然災害を防護するためのさまざまな工法を開発し、至るところで対策工法として採用されています。
補強土防護擁壁工法では落石対策工法として「ジオロックウォール工法」、急傾斜地崩壊対策工法の「QKウォール工法」、雪崩対策工法の「ジオスノーウォール工法」を斜面災害対策工としてご提案しています。また、耐候性大型土のう「ツートンバッグ」は、大型土のうの耐候性を向上させた長期の仮設対策と転用を可能にした緊急対策資材であり、災害備蓄製品としても使用されます。

取り扱い工法: ジオロックウォール工法 ジオスノーウォール工法 QKウォール工法 耐候性大型土のうツートンバッグ

> 防災・復旧工の一覧と概要

プラ擬木

プラ擬木プラ擬木は、環境保全に貢献できる点をはじめ、自然の景観と美しく調和する素材感や他材料にはない耐腐食性・耐アルカリ性などが高く評価され、全国各地で実績を積み重ね高い評価を得ています。多様なニーズにお応えするために、くぬぎの木肌を模したプラスチック100%の「プラ擬木・プラ擬板」、木粉を混合した「プラ擬木Kシリーズ・Kシリーズ板材」、プラスチック100%のデッキ材「アーバンウッド」、木粉を混合し天然木と同じレベルの質感が特徴の「ゼオパークウッド」など、マテリアルの豊富なバリエーションをご用意しています。

取り扱い工法: プラ擬木

> プラ擬木の一覧と概要

耐震補強工

耐震補強工前田工繊の耐震補強工用材料には、アラミド繊維シート、炭素繊維シート、高伸度繊維シート(FFシート)、樹脂系材料(エポキシ樹脂システムおよびMMA樹脂システム)、接着系あと施工アンカー(ボルトメイト)などがあります。
アラミド繊維シートおよび炭素繊維シートは、樹脂系材料を使用して橋梁橋脚、鉄道高架橋、建築物柱に貼り付けたり巻きつけたりすることで、効果的な耐震補強を実現します。

取り扱い工法: アラミド繊維シート工法 炭素繊維シート工法 接着系あと施工アンカー工法

> 耐震補強工の一覧と概要

大商鋼材株式会社は前田工繊株式会社の正規代理店です。
◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045