環境資材・工法

OK シルトフェンス

河川・港湾工事で水を汚さないバリエーション豊かな汚濁防止膜

OKシルトフェンス1 OKシルトフェンス2

概要

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

OKシルトフェンスは、港湾・海岸・河川・湖等での土木工事において発生する汚濁水の拡散を防止し、環境への影響を最小限に抑える汚濁水拡散防止フェンスです。ポリエステル製カーテンが、水質汚濁原因のシルト(細かな土粒子)の拡散を防ぎます。販売とレンタルがあり、使用期間に応じた選択ができます。

特長

OKシルトフェンス垂下式

最も多く用いられているタイプ。フロート形状および径は、使用環境に応じた選択が可能です。高強力なPVCターポリンでフロートを被覆し、伸縮率の少ない補強ベルトの使用、確かな縫製技術などにより、ワンランク上の強度や耐久性を実現しています。
主な設置場所 護岸・施設工事中の港湾、海岸、河川、湖沼など

垂下式 フロート形状

垂下式 フロート形状 (クリックすると拡大します)

垂下式 フロートへのカーテン接続方法 (クリックすると拡大します)

垂下式 フロートへのカーテン接続方法

OKシルトフェンス自立式

自立式・垂下式 組み合わせ設置例

自立式・垂下式 組み合わせ設置例

水底のH鋼にカーテンを固定し、水中で自立。主に水深15m以上の土木工事で使用され、水底付近で発生する汚濁の拡散を防ぎます。垂下式と組み合わせることで、より高い汚濁拡散防止効果を得られます。
主な設置場所 水深15m以上の大型港湾など

OKシルトフェンス浮沈式

浮沈式 浮上時・沈下時

浮沈式 浮上時・沈下時

ゴム製フロートへの空気の注入・排出で、フェンスを浮上・沈下。工事船舶の出入りを可能にするのはもちろん、台風などの悪天候時には沈下させフェンスの損傷を防ぎます。
主な設置場所 工事船舶の出入りが多い港湾・海岸など

OKシルトフェンスグラブ枠用

浚渫工事で使われるグラブ船専用のシルトフェンス。広範囲の工事でも移動しながら汚濁拡散防止ができ、桟橋や橋脚基部に設置すれば洗堀防止にも効果があります。
主な設置場所 浚渫・捨石工事中の港湾、海岸、河川、湖沼、桟橋、橋脚基部など

規格・特性

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

OKシルトフェンス

大商鋼材株式会社は前田工繊株式会社の正規代理店です。
◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市中央区北浜1丁目6番10号 北浜野村ビル9F
TEL 06-4706-0324(代) FAX 06-4706-0325