プレストレスデッキ

一般国道206号線電線共同溝整備工事

施主長崎県土木事務所道路維持課
現場名一般国道206号線電線共同溝整備工事
元請株式会社植野建設
施工会社株式会社白水建設
施工期間2008.6 〜 2008.7

覆工板、桁材の設置・撤去時間が短縮!!
クレーン性能も小型化できました♪
工事概要
現場所在地長崎県長崎市大橋町
設置場所国道206号線上
数量16

工事レポート

 この工事は、電線共同溝のマンホール(A-3型)を設置するものです。当初は4.0m×9.0mの路面覆工に対して、1.0m×3.0mの覆工板を3列に配置する計画でした。しかし、この配置だと、どうしても受桁がマンホールの上部にきてしまうため、設置の障害となってしまいます。作業の度に必ず受桁を設置・撤去しなければならず、かなりの作業時間がかかってしまいます。
 そこで本現場においては『プレストレスデッキ(覆工板)1m×4m』を9列に平行に配置しました。
 これにより、
1.受桁の設置・撤去時間が不要となりました。(現場比192分減)
2.ラフテレーンクレーンの寄付きが近くなり、より小型性能機での作業が可能になりました。


受桁の撤去がないのは、夜間作業にもってこい!

道路開放後も音が静かと評価していただきました!

画像をクリックすると拡大します。

監督コメント

『プレストレスデッキ(覆工板)1m×4m』の紹介を受けて、どこかで使えないかと探していたところ、本工事の4.0m幅の路面覆工にぴったりだと感じお客様にご提案しました。お客様も効果が期待できるとご賛同いただき、積極的に役所様に掛け合っていただきました。そのお陰で採用が決定し、工事はスムーズに進んだと評価していただきました。大変喜ばしく思っています。

株式会社鎌金商会 田中課長様

大商鋼材 担当者コメント

長崎は弊社にとってはなかなか営業に回れない地域です。今回、株式会社鎌金商会様と連携させていただき、心強く感じております。長崎県土木事務所の担当者様からも評価が高く、『次の現場でも使いたい!』とのお言葉を頂いております。私共にとって、リピーターとなっていただけることは最高の喜びです!

大商鋼材株式会社 小田部

工事レポート一覧にもどる

カタログをご覧になるには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
インストールされていない方は
こちら>>


大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045