技術関連

親杭の設置(埋込み式)について

毎月恒例のプチ講習、第二十六回は、「親杭の設置(埋込み式)について」です。


親杭の設置方法としては、埋込み式(振動式と打撃式)・圧入式・埋込み式の3種類の方法がありますが、埋込み式(オーガー式)で設置する場合には、以下の点に注意する必要があります。

 (1)親杭の受働抵抗を十分に発揮させる為に、
   杭の根入れ部分は、必ず、根固め液の注入を行います。

 (2)周辺地盤の緩み及び根切り時の山留壁の変形を少なくする為に、
   杭廻りの空隙も充填しておく必要があるのですが、その方法としては以下の

    (a)良質の砂などを用いて、水締めを行いながら埋戻しを行う
    (b)セメント・ベントナイトなどの充填材を削孔した穴に注入した後に、親杭を挿入する

  などの方法があります。


< 親杭施工方法 >




◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045