技術関連

トルクについて

毎月恒例のプチ講習、第三十一回は「トルクについて」です。


『トルク』を辞典等で調べると、

 「ある固定された回転軸を中心に働く、回転軸まわりの力のモーメントである。
  一般的には、『ねじりの強さ』として表され、ねじりモーメントとも言う。」 と表記されており、

   式で表すと・・・

     トルク(N) = 力 × 距離 で算出される 量(モーメント)であり、
                        単位は、 N・m(ニュートンメートル) となっています。


  が、感覚的に分かりにくいと思います。

 ※ トルクという言葉は、下記に示すように色々なものに関係しています。

  (例1) 車(自転車)のトルク
  (例2) ボルトの締付トルク
  (例3) モーターのトルク
  (例4) ゴルフのシャフトのトルク   etc…


 <例1>
   ・自転車を例に取ると、
    タイヤを回すための力(言い換えるとペダルを踏む力)が『トルク』となります。
     即ち、トルクが大きいという事は、ペダルを踏む力が強いという事になります。(下図参照)


 <例2>
   ・ボルトの締付トルクとは、
     ボルト・ナットの間に部材を挟み、仮締めから完了まで締め付ける際には、
   回す為の力が必要となります。
     これが『トルク』で、その時に必要な力を締付トルクと言います。


以上、簡単に表現すると、

    トルクとは、用途は違えど力の量

  と言う様に認識して貰えば、解りやすいかと思います。

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045