技術関連

高力ボルトに関するQ&A~Part.1~

毎月恒例のプチ講習、第三十二回は「高力ボルトに関するQ&A~Part.1~」です。


≪ 高力ボルトのF10T、S10Tの意味は? ≫

 現在、建築及び土木に使用されている高力ボルトは、
 高力六角ボルト(ハイテンションボルト)トルシア形高力ボルトの2種類があります。
  
   高力六角ボルト(ハイテンションボルト)はF10T
   トルシア形高力ボルトはS10T

 と区分され、
 これらの記号はそれぞれの機械的性質による等級を表しており、

      ・F10T
        F は、 for Friction Grip Joints (摩擦接合用) を意味し、
        10は、引張強さ 100kgf/mm2=10ton.f/cm2 の10
        T は、ボルトの引張試験による、引強さの意である Tensile Strength のT
       を、表しています。

      ・S10T
        S は、 for Structural Joints (構造用) のS
        (10Tは上記F10Tのそれと同じ)
       であり、高力六角ボルト(ハイテンションボルト)と識別出来るようにしています。


≪ トルシア形高力ボルトが、丸頭、座金が1枚である理由は? ≫

 ・トルシア形高力ボルトは、頭部が丸頭であり、締め付けに際しては、座金をナット側に1枚使用しています。

 ・頭部を丸頭にして、丸頭の座面径を高力六角ボルト(ハイテンションボルト)の座面径より大きくして受圧面積を大きくし、頭部に座金を使用しなくても、リラクゼーションなどの性能が高力六角ボルト(ハイテンションボルト)と同等であり、ボルト軸力の確保が十分出来ることを実験により確認して、国土交通大臣の認定を得ていますので、法的にも頭側に座金を使用しなくてもよいとなっています。

 ※ リラクゼーション とは、ナットが緩み、回転をしないまま軸力が減少することをいいます

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045