技術関連

自立式土留の根入れ長について

毎月恒例のプチ講習、第五回は「自立式土留の根入れ長について」です。

つい先日も、
『自立式土留(親杭・鋼矢板等)で、剛性の大きな材料ほど根入れ長が長くなるのはなぜですか?』
という問い合わせがあったばかりですので、取り上げてみました。


自立式の根入れ長は、『Changの方法』と呼ばれているものによって算出されるのですが、以下その手法と例題をふまえて説明したいと思います。


 自立式土留めの根入れ長(ℓo)は、【式A】にて算出することになります。
 
 式中のβ値は、杭の特性値と呼ばれているもので、【式B】で求めます。
 
   ここに、
    kH:水平方向地盤反力係数で、通常1/βの範囲の平均値(kN/m3)
    B :土留め壁の幅で、親杭は杭幅、鋼矢板の場合は単位幅(m)
    E :土留め壁のヤング係数(kN/m2)
    Ⅰ:土留め壁の断面二次モーメント(m4)


例えば、
  kH = 100000(kN/m2)(N値15に相当)
  E = 2.0×10^8(kN/m2)

として、鋼矢板のⅢ型・Ⅳ型を例に、β値並びに根入れ長を計算し、比較した結果を下表に示します。

【鋼矢板Ⅲ型、Ⅳ型の根入れ長比較結果】
鋼矢板断面二次モーメント(m4)特性値β(m-1)根入れ長ℓo(m)
Ⅲ型17400×10^-80.92082.715
Ⅳ型38600×10^-80.75443.314


従って、土留め壁の剛性を増したのだから根入れ長は小さくなるはず!と錯覚しがちですが、計算式の仕組み上、根入れ長は大きくなるので、注意が必要です。

以上、今後の参考にしてみて下さいね。

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045