技術関連

重量の算出方法について

毎月恒例のプチ講習、第六回は「重量の算出方法について」です。

今回は基本的な内容ですが、弊社の事務員から、
「重量の算出方法を教えて欲しい」
という要望があり、社内勉強会用に作成した資料を載せたいと思います。


【重量の算出方法】

1.単位体積重量:1m3当たりの重量(t/m3)   比重:水との重量比(単位なし)

      水       1.0 (t/m3)    ⇒    1.0

      鉄       7.85(t/m3)    ⇒    7.85

      土       1.8 (t/m3)    ⇒    1.8

      コンクリート  2.3 (t/m3)    ⇒    2.3

 ※1(t/m3) = 1000×1000g/100×100×100cm=1(g/cm3)


2.鋼板の重量の算出方法(体積×単位体積重量)  注:単位をmとtに揃えること

(1)5×10の鉄板(t=22mm)の場合 (1524×3048)

  1.524 × 3.048 × 0.022 × 7.85  =  0.802t
    幅       長さ      厚み  単位体積重量


(2)H形鋼および鋼矢板等(断面が不明瞭なもの)の場合

 ⇒ 断面積(鋼材表等で参照)×長さ で算出(この時も単位をmとtに揃えること
 ※但し、鋼材表には単位重量は記載してある。


 ・H-200×200×8×12 L=1.0mの重量(単位重量の算出)

  A = 63.52cm2 ⇒ 0.006352m2
  L = 1.0m


よって、重量は以下のようになる。

  0.006352 × 1.0 × 7.85 = 0.0499t ( = 49.9kg
    断面積      長さ  単位体積重量      単位重量



以上です。

今回は一般の方向けの題材だったので、専門の方には基本的過ぎたかもしれませんね。


◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045