技術関連

SMW連続壁の場合の入隅・出隅に関する注意点について

毎月恒例のプチ講習、第九回は
「SMW連続壁の場合の入隅・出隅に関する注意点について」です。

コーナー部に働く土圧の概念を基に、入隅・出隅の説明をしたいと思います。


【 入隅 】・・・開きやすいコーナー部のことを言います
        (土圧がコーナー部を押し広げる方向に働くので開きやすい)

【 出隅 】・・・開きにくいコーナー部のことを言います
        (土圧がコーナー部を押し広げる方向に働くので開きやすい)


※ 上記概念図から、
入隅の場合は土圧が突出部を開く方向に働くので構造上弱点になりやすく、
ソイルのひび割れによる漏水などが懸念される為、芯材(H鋼)を配置するように計画しています。

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045