トピックス

平成29年8月度

【 トウモロコシの“ひげ”と呼ばれているあの部分は何で出来ている? 】

 夏野菜の中でも、特に子供たちに大人気なのがトウモロコシ!!
ビタミン・たんぱく質・食物繊維などの栄養素をバランスよく含んだ夏が旬の食べ物です。
  ところで、緑色の皮を剥くときにトウモロコシの先端から出ている黄緑色や茶色の“ひげ”のようなものがありますが、あれ、何だかご存じでしょうか?

実はあれ、「めしべ」なんです。


 「絹糸(けんし)」と呼ばれていて、粒の一つ一つから伸びていて花粉がつくと受精します。なので、たくさんあるように見えますがトウモロコシの粒と同じ本数が生えています。ということは、ふさふさのひげのとうもろこしには実がたっぷりついているということなのです!とうもろこしを買う時には、ずっしり重く、ひげがふさふさのものを買うと良いですね。


 ところでこのひげ、皮と一緒に捨ててしまってはいませんか?実は漢方では「玉米鬚(ぎょくべいしゅ)」、もしくは「南蛮毛(なんばんもう)」と呼ばれる生薬なんです。このひげにはカリウムが豊富に含まれていて、体内の水分代謝を整えて余分な塩分の排出を促してくれる為、むくみ対策にもなり、コレステロールを下げる作用もあって、高脂血症対策にもなるそうです。

 調理方法は実からきれいに取りはずし、色が変わってしまっている部分を取り除いたら、みじん切りなど食べやすい大きさにカットします。ほんのり甘みがあるので料理の味を損なわず、風味もアップしてくれます。お手軽な方法としては味噌汁やスープなどの汁ものの具として加えるのもいいですね。すぐに火が通るので、加える時は一番最後にしましょう。

 また、乾燥するまで2~3日天日干しするとより薬効が高まり、甘みもアップします。乾いたら、キッチンばさみで適当な大きさにカットしてから保存袋に入れると冷蔵保存も出来ますよ。
 ぜひ、試してみて下さい♪


◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045