重仮設材・その他

名神高速道路 彦根管内料金所地下通路工事


 ■ 施主

中日本高速道路 株式会社


これが施工中のETCレーン前です!
 ■ 現場名 名神高速道路 彦根管内料金所地下通路工事
 ■ 元請 青葉工業 株式会社
 ■ 施工会社 株式会社 ヤマガタ
 ■ 施工期間 2008年12月~2009年11月

  工
  事
  概
  要
   □ 現場所在地 滋賀県彦根市
   □ 設置場所 名神高速道路彦根インターチェンジ料金所
   □ 数量 30台


工事レポート



 NEXCOでは、ETCレーン設置の増加に伴い、料金徴収所間を人員が横断しにくいという問題が起きています。そこで、この際の安全確保を目的に、地下通路の設置を推進しています。これを設置する為には、4.0mの幅員の路面覆工が必要です。  この度、NEXCO中日本・彦根料金所では工期の短縮を図る為に、4.0mをワンスパンで架設出来る『プレストレスデッキ(覆工板)1.0m×4.0m』が採用されました。NEXCOさまでの初採用となります。


桁材(根太)が不要になり開口部が広く取れ、掘削、切梁架払、大型プレキャストボックス設置の作業性が向上しました♪

  ※ 現場写真は全て
        クリックすると拡大します。



受桁のみの設置なので、現行路盤とのレベルを合わせることが容易です!


監督コメント



やはり、桁材(根太)を無くすことが出来るのが大きいですね。桁の設置・撤去が不要なので、覆工板をめくるとすぐに本体の作業にとりかかれます。また、広い空間を確保出来るので、バックホーによる掘削作業も楽になり、大型のプレキャストボックス(地下通路)の吊り降ろしもスムーズに行えました。

株式会社ヤマガタ 現場ご監督さま

担当者コメント



弊社にとりましてNEXCOさまの現場は初採用ですが、NEXCO東日本・千葉作業所でも採用していただき、近々出荷の予定です! 「工期短縮=経費節減」との評価を頂いてのことと考えています。

大商鋼材株式会社 阿武祥一

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045