技術関連

自立式土留の根入れ長について~親杭の場合~

毎月恒例のプチ講習、第十五回は「自立式土留の根入れ長について~親杭の場合~」です。

以前の講習で、
『自立式土留(親杭・鋼矢板等)で、剛性の大きな材料ほど根入れ長が長くなるのはなぜか?』
について、鋼矢板を例に取って説明致しました。
ただ、未だにお客様の中では、上述の内容と逆のイメージで認識されてる方が多い状況です。
また、弊社の営業からも再説明の要望があったので、改めて親杭の場合を例に説明したいと思います。

前回と重複しますが、
自立式の根入れ長は『Changの方法』と呼ばれているものによって算出されます。
以下その手法と例題をふまえて説明したいと思います。


 ◆自立式土留の根入れ長“Lo”は、【式A】にて算出します。
 
  ※一般に、土木の場合:2.5、建築の場合:2.0として計算しています


 ◆式中のβ値は、杭の特性値と呼ばれているもので、【式B】で求めます。
 
   ここに、
    kH:水平方向地盤反力係数で、通常1/βの範囲の平均値(kN/m3)
    B :土留め壁の幅で、親杭は杭幅(フランジの幅)、鋼矢板の場合は単位幅(m)
    E :土留め壁のヤング係数(kN/m2)
    Ⅰ:土留め壁の断面二次モーメント(m4)


<例 題>
  ・設計条件
    掘削深さ = 3.0m
    土質:砂(N=30 r=18kN/m3 φ=36)
    親杭間隔 = 1.0m
  ・検証



 上表から、
 H形鋼のサイズ(剛性)が大きくなると特性値 β が小さくなる傾向にあるので、
 根入れ長“Lo”は、【式A】から長くなります

◆・.。*†*。.・◆ NETIS(新技術情報提供システム)登録 商品はこちら ◆・.。*†*。.・◆
↓↓↓                      ↓↓↓
      
≪ 登録番号:KK-120033-A ≫    ≪ 登録番号:KT-060068-V

お問い合わせ

お問い合わせフォーム をご覧ください。

PAGE TOP ▲

大商鋼材株式会社大阪市北区天神橋3丁目1番35号 南森町岡藤ビル7F
TEL 06-6358-2561(代) FAX 06-6358-7045